入会案内

ホーム > 共助会とは > 理事長あいさつ

理事長あいさつ


新春のお喜びを申し上げます


理事長 室屋 龍治


 うららかな初日の光を仰ぎ、おだやかな初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 この1年も、会員の皆様方が健康でご活躍なさいますことを、心からお祈り申し上げます。
 また、会員の皆さまの温かいご理解とご支援の下、共助会の事業が進めていけることに、ここで改めて、感謝申し上げます。
 共助会は1920年(大正9年)社団法人鹿児島県教員互助会として設立され、今年で98年目を迎えております。
 昨年は、「相互扶助の理念をすべての教職員に」を合言葉に、共助会の「本県における教育関係者の互助並びにその事業を行うことにより本県教育の振興を図るとともに学術文化に寄与する」という定款の趣旨をしっかり見定め、相互扶助の輪を一層広げるために、会員の皆さまのご協力下、学校訪問や各種パンフレットの発行等を初め創意工夫したとりくみを行ってまいりました。その結果、多くの新会員の皆さまを迎えることができました。
 本年は、さらに、福利厚生団体として、会員の皆さまの様々な要望に応えるべく、昨年以上に努力してまいりたいと考えています。本年もあたたかい御支援をよろしくお願いします。